DVD映画ポータル
・・・ DVD映画ポータルはDVD・テレビゲーム・PS2・PSP・DSを扱うエンターテイメント専門ウェブマガジンです ・・・
トップ
DVD
海外ドラマ
アニメ
テレビゲーム
映画
リンク集
Google
   
公開稽古 「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ 新編 八犬伝」

2002年7月13日(土)都内にて

原作者・広井王子氏、横山智佐、高乃麗、西原久美子、渕崎ゆり子
田中真弓、岡本麻弥)、伊倉一恵、折笠愛、陶山章央、池田勝
(写真をクリックすると拡大します)
1page 2page
(次のページにも写真掲載)
7月13日(土)都内にて、8月15日(木)から25日(日)までの11日間、青山劇場にて公開される「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ 新編 八犬伝」の公演公開稽古がおこなわれ、 総合プロデューサー・原作者・演出である広井王子氏と出演者から、今回の作品にかける意気込みが語られ、新曲『輝く、銀座ストリート』とお馴染みの『ゲキテイ(檄!帝国華撃団)』のダンスシーンが披露された。
今回の「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ 新編 八犬伝」は、舞台を見に来られない方々にも「サクラ」の雰囲気を味わって頂こうという試みで、インターネット・ブロードバンド映像配信がおこなわれます。 詳しい情報はこちら
  

原作者・演出・総合プロデューサー/広井王子氏
本日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。今は、一生懸命やってる最中です。
今年は稽古の入りが早くて、スケジュールもいつもよりは”たっぷり”とってあります。
7人のスターを八犬伝でお見せできるかなと思っています。
『スーパー』というとみんな「えっ!?」って思うじゃないですか。
実は『スーパー』の由縁は「初心に返れ」と思っただけなんです。
一番最初の「愛ゆえに」をやったときに、思いで作ったゲームが予想以上に売れて、それがあったからみんなが望んでいた歌謡ショウが開けたんですね。一回目の「愛ゆえに」の時にいろいろな悔しさはあったし、でも、それ以上によかったとみんな思ったはずなんです。
それが5年やってくると、どこか「出来て当たり前」になってきちゃうじゃないですか。
それを『スーパー』と言うことで気を引き締めて、「本当に嬉しいんだ」、「いつまでもこんなに大きな舞台ができるわけじゃなく、お客様の支援があるんだ」ということを感じたいと思いました。
いまだにお客様が見たいと言ってくださるからこんな大きなものが出来ているわけで、そこに役者の皆さんは出るし、これはとっても素敵なことだから、お客様が来ていただけて嬉しいというのを感じられたらいいなと思って、あえて『スーパー』にしました。
もともとが最初に考えたのは7人だったと言われています。
これは台本の一番最初のシーンにも書きましたけど、八という数字は江戸時代は嫌な数字でした。そこに曲亭馬琴は八という数字をつけてきました。
逆に七という数字はいい数字でした。だから当然、曲亭馬琴も七で考えてたはずです。
この説は根強くあります。それを曲亭馬琴は一生懸命、八という数字をいい数字にしようとして、やたら説明するんですよ。だから当初の構成に戻れば七でも全然、問題ないと思います。
今のミュージカルから見れば古風かもしれませんけど、当時から見ればモダンに作られています。
池田(帝国歌劇団の支配人)さんは最初の作品からずっと出ていただきたかったのですが、バリバリ新劇の方なので、夏はめいっぱい公演なんですね。それでどうしても(サクラの舞台と)かぶってしまうのですが、「4」のアフレコが終った後に「歌謡ショウに出ませんか?」って聞いたら「でも邪魔になっちゃうからなぁ」っていうから、「そんなことありませんよ」って言って。それで、今回はこちらに出てくれることになりました。
今回の見所は『スーパー』のもう一つの意味の”派手”です。歌舞伎の持ってる派手さが出てきます。ものすごく派手な舞台に仕上がると思っています。
是非、多くのお客様に鑑賞して頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
 
横山智佐さん(真宮寺さくら役)
本日はお暑い中お集まりいただき、ありがとうございます。真宮寺さくら役の横山智佐です。
今年から『スーパー歌謡ショー』に名前が変わりました。初心に返って、一番最初に『サクラ対戦歌謡ショー−愛ゆえに−』の舞台を作り上げたときの気持ち、あの時のお客様との一体感などを思い出しながら、初心に返って今年の歌謡ショーに臨みたいと思っています。
『スーパー歌謡ショー』なので、『スーパー真宮寺さくら』をお目にかけたいと思います。
よろしくお願いいたします。

高乃麗さん(マリア・タチバナ役)
マリア・タチバナ役の高乃麗です。今年は、神崎スミレが引退しまして初めての夏公演ということで、彼女のいない穴は埋まることもなく、でも仲良くこうして稽古を続けてきています。
みんな体調を崩したりしている人が沢山いるんですけれども、体には充分注意して怪我の無いように。特に今回は『スーパー歌謡ショー』なので色々な仕掛けがあります。
しかし、強い見方の米田さんも来てくださったことですし、今年もさらにグレードアップしたショーをお見せすることができるかと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

西原久美子さん(アイリス役)
アイリス役の西原久美子です。『スーパー歌謡ショー』のスーパーの一つにアイリスが飛ばせていただけるということがあるんですけれども、私、いろんな場所で「ダイエットをしなければ飛ばせてもらえない」と言ったんですけれども、御覧の通り、そんなにあまり痩せていません。
しかし、飛ぶためには体重は関係なかったそうです! だから安心して、また太っています(笑)
飛ぶためには何が必要なのかと尋ねてみましたら、「引力だ」と言う人もいるんですけれども、本当に飛ばしてくださる方とお話しをしたら、「何も必要はない。オレに任せろ」と言われたので、安心して飛ばせていただけそうです。楽しみにしていてください。

渕崎ゆり子さん(李紅蘭役)
李紅蘭役の渕崎ゆりこです。今、録音機を見て「あぁ、MDの時代になってるんだなぁ」と思って、長くやってきましたね・・・(田中真弓の方を見る)
今回はもう、”サクラ”のゲームファンは最大級に喜んでもらえるものが出るのではないかと思います。私的にはニ幕で、今回初めて立ち回りもつけていただいていますし、役柄的にもあんなに沢山出るのは初めてなので、やることがいっぱいという感じです。
今年もケガのないようにがんばりたいと思っていますので、よろしくお願いします。

田中真弓さん(桐島カンナ役)
”長くやってきました”田中真弓です。
スーパーになっていろんなことがあるということですが、私は何と言っても神崎スミレがいない初めての公演ということが一番大きいことです。
今、話をしていたのですけど、役者じゃないはずの人が芝居が上手かったりするっていうのが、「どうなるんだ、私たち・・・? 役者の設定の人よりも、他の人のほうが上手いぞぉ。よわったなぁ」っていうことになっております。それもお楽しみ!

次のページへ進む(次のページにも写真掲載)
 
    
   
お問い合わせ  |  映画ポータルについて  |  広告掲載について | オフィシャルショップ マジックユーザー
DVD映画ポータルの文章・写真・画像・映像・音声等の著作権は「DVD映画ポータル」もしくは許諾を受けている著作権者に帰属します。
許可無く、複製・転載等の行為をお断り致します。